IN-Child。子どもの中の子ども。

学校教育現場の中には、多様な子どもたちがいます。

どんな子どもでも、子ども同士の輪の中で成長していく。

そういった願いが込められて、IN-Childが生まれました。

IN-Child(Inclusive Needs Child) とは、包括的な教育を必要とする子どものことです。

医療機関で診断された子ども(ADHD、ASD、SLDなど)だけでなく、

診断を受けていなくとも学習上や生活上の困難があり、支援が必要な子どもも含みます。

また、取り巻く環境等により一時的であっても包括的な教育が必要な子どもも含みます。

すべての子どもがより良い人生を過ごせるように、という願いを助けるためのプロジェクトがIN-Child Projectです。


IN-Childをもっと知りたい方

「サイトメニュー」または「ドア」からそれぞれのページにお入りください。

▼▼▼▼





あの「教育新聞」でIN-Childの連載が始まりました!

全12回の連載です。電子版と新聞紙面において、今月から始まりました。書籍にのせられなかった話を中心に、IN-Childの考え方を詰め込んでいます。

(2019/10/4)

 

↓ ↓ ↓ ↓

https://www.kyobun.co.jp/education-practice/p20191004_02/

ダ・ヴィンチニュースで紹介されました!

≫ ダ・ヴィンチニュース>トップ>レビュー>その子、発達障害じゃありません!間違った理解・支援をやめ、今すぐ“奇跡の教育”を

(2019/3/6)

 

↓ ↓ ↓ ↓

https://ddnavi.com/review/522756/a/