研究報告


IN-Child研究の着想は、2013年。そこから、3年かけて「IN-Child Record」が生まれました。

ここでは、IN-Childに関係する研究成果をご覧になれます。

「論文の画像」をクリックすると

外部リンクへ飛びます!

↓↓↓↓


IN-Child Record



通常学級に在籍する IN-Child(Inclusive Needs Child:包括的教育を必要とする子)Record の開発

韓 昌完, 太田 麻美子, 權 偕珍(2016) Total Rehabilitation Research, 3, 84-99. doi: 10.20744/trr.3.0_84

IN-Child Recordの信頼性及び構成概念妥当性の検証

- 横断データを用いた分析 -

韓 昌完, 矢野 夏樹, 小原 愛子, 權 偕珍, 太田 麻美子, 田中 敦士(2017) Total Rehabilitation Research, 5, 1-14. doi: 10.20744/trr.5.0_1

IN-Child Recordに基づいたADHD傾向のあるIN-Childに対する指導法の分析

太田 麻美子,權 偕珍,小原 愛子(2017) Journal of Inclusive Education, 3, 1-17. doi: 10.20744/incleedu.3.0_1


IN-Child Recordに基づいたASD傾向のあるIN-Childに対する指導法の分析

太田 麻美子,金城 晶,梅田 真理,韓 昌完(2018) Journal of Inclusive Education, 4, 36-53. doi: 10.20744/incleedu.4.0_36

「聞く」能力に課題のあるIN-Childの指導に及ぼす影響要因の分析

- IN-Child Recordから見たADHD傾向の児童生徒を中心に -

小原 愛子,矢野 夏樹,韓 昌完(2018 )Total Rehabilitation Research, 6, 14-21. doi: 10.20744/trr.6.0_14

IN-Child Recordに基づいたSLD傾向のあるIN-Childに対する指導法の分析

太田 麻美子,井上 智晴,金 彦志(2018) Total Rehabilitation Research, 6, 45-72. doi: 10.20744/trr.6.0_45


Autism Spectrum Disorder(ASD)傾向の子どもに対する社会スキルプログラム開発のための構成概念の検討

―海外の実践報告分析を中心に―

小原 愛子, 下地 華愛, 太田 麻美子, 野崎 美沙(2018) Journal of Inclusive Education, 5, 18-33. doi: 10.20744/incleedu.5.0_18